協調性をぶっ壊す「弁論」

「話し合い」と「弁論」、どっちも人と人とが会話を通じて交流する手段ですね。

 

「話し合い」は、何かの目的のために知恵や知見を出し合って、結論を見出す行為。

対して「弁論」は、自己正当性をぶつけ合う、勝つか負けるかのサバイバルゲーム。

 

こう考えると、協調性を大切にする日本人にとって、弁論は害悪にしかならない気がします。外国人相手に、我が身を守るためにはある程度必要な技術かもしれませんが。

 

年がら年中「口先」で戦い続ける意欲はどこから生まれてくるのでしょう?

 

弁論が好きな人って、「自分が他者よりも優れたい」と言った相対的優位性を確認したくてたまらないんです。これって、結局自分が自分である事に自信が無い証拠。自分らしさが分からぬまま日本らしさなんぞ語れないですぞ保守派の皆さん。

 

いい歳した大人が、死ぬまで思春期続ける気なんですか?